新生酪農株式会社 都市近郊の酪農地からからだにおいしい牛乳・乳製品をお届けします。
会社概要 製品紹介 パスチャライズド処理 工場・直売所 ネット牛乳交流会 ブログ Q&A お問い合わせ
トップページ 個人情報の取り扱いについてサイトマップ

ブログ スタッフとみなさんのコミュニティスペース

2012,04,09, Monday 10:58 AM
生活クラブのもう一つの牛乳工場である(株)横内新生ミルクと新生酪農(株)は4月1日をもちまして合併いたしました。
(株)横内新生ミルクは新生酪農(株)安曇野(あづみの)工場として、生活クラブの牛乳をメインとした工場として再スタートしました。

安曇野工場の紹介や生産者の紹介は、こちらのホームページで随時行っていく予定です。
作業にもうしばらくのお時間をください。

千葉工場、栃木工場、安曇野工場の3工場で生活クラブ牛乳を心を込めてお届けしていきます。
新しい新生酪農(株)を今後ともよろしくお願いいたします。

| カテゴリー:お知らせ | comments (0) | trackback (0) | ぱすのすけ |


2012,03,05, Monday 01:56 PM
千葉の生産者の関さん夫妻がチーズ工房を始めてからもうすぐ2年になります。
「たいへん!たいへん!」と言いながらも、二人で仲良く、楽しそうにも見えますw。
「酪農ジャーナル」3月号でグラビアで紹介されました!

よじゅえもんのチーズ工房(関牧場)

| カテゴリー:スタッフだより | comments (0) | trackback (0) | ぱすのすけ |


2011,12,27, Tuesday 01:27 PM
当社のパスチャライズド牛乳につきましては、3月23日以来、生活クラブ連合会により
原乳の放射能検査を毎日継続して実施しています。
(検出限界はセシウム134+137で6〜10Bq/kg)

これ自体、十分な精密検査でありますが、粉ミルクの放射能汚染の報道などもあり、
より精密な検査を要望される声もいくつか頂いています。そのため、自主検査の一環として
外部検査を実施いたしました。

千葉工場(12月15日製造)
結果: ヨウ素131    不検出  検出限界 1Bq/kg
     セシウム134   不検出  検出限界 1Bq/kg
     セシウム137   不検出  検出限界 1Bq/kg

栃木工場(12月16日製造)
結果: ヨウ素131    不検出  検出限界 1Bq/kg
     セシウム134   不検出  検出限界 1Bq/kg
     セシウム137   不検出  検出限界 1Bq/kg

検査機関:日本環境科学株式会社(山形県) ← 検査報告書はこちらをクリック

生活クラブ連合会で実施している牛乳の放射能検査(2時間測定)は数ベクレル単位で
測定できる検査です。これは、今後、不測の事態による放射能の混入があった場合でも、
十分に検知できる精度です。また、酪農組合においても、飼料等による汚染を防ぐため
経産牛の2番草も含めた自給牧草の給餌自粛や検査体制強化に努力しているところです。

引き続き、生活クラブ連合会の検査結果に注視していただきながら、
継続した利用をお願いいたします。


| カテゴリー:お知らせ | comments (1) | trackback (0) | ぱすのすけ |


2011,11,08, Tuesday 05:32 PM


10月下旬に生活クラブ組合員の方に配布した表記の消費材Navi、
ご覧になっていただけましたか。

自分も編集に協力させていただいたのですが、学習会の資料としても
使える「保存版」として作りました。

パス乳のすごさを栄養面、健康面、利用方法など多面的にコンパクトにまとめています。
気になる放射能対策もコラムで紹介しています。
下記のファイル名をクリックして、ダウンロードできます。
ぜひ活用ください。

2011年消費材Navi46週号「表面」

2011年消費材Navi46週号」中面」




| カテゴリー:公開資料 | comments (0) | trackback (0) | ぱすのすけ |


2011,08,13, Saturday 04:59 PM
報告が遅れましたが、8月4日に女子栄養大学の
上西教授をお招きしてミルクセミナーを実施しました。



上西先生は、牛乳の栄養がどのように人の健康に寄与しているか、
さまざまな角度から実証的な研究を精力的にされています。
 今回はカルシウムとメタボを中心に、牛乳がその改善に役立っているかを
詳しく解説いただきました。学校給食という育ち盛りの子供たちにとっても、
牛乳がいかに大切な食品であるかを理解することができました。

 また、新生酪農からは牛乳実験を紹介しながら、パスチャライズド牛乳についての
説明と優位性について解説をしました。これをきっかけに、地元の栄養士の皆さんとの
関係をより密なものにし、学校給食牛乳の拡充に役立てたいと考えます。

参加していただいた栄養士の皆様、ありがとうございました。


| カテゴリー:お知らせ | comments (0) | trackback (0) | ぱすのすけ |


2011,07,05, Tuesday 11:59 AM
<開催概要>
【日時】
 2011年8月4日(木) 13:30〜16:00

【場所】
 新生酪農(株)千葉工場 視聴覚室
 千葉県長生郡睦沢町上市場2301番地(地図


1.プログラム
(1) 「学校給食と牛乳」 13:40〜14:40
講師:女子栄養大学栄養生理学研究室教授 上西一弘氏
上西一弘氏
【先生の略歴】
 徳島大学医学部栄養学科卒。栄養学博士。専門は栄養生理学。
 雪印乳業(株)生物科学研究所より女子栄養大学へ。2006年より現職。
 「ヒトにおけるカルシウムの吸収・利用」を出納試験によって研究し、
 食品のカルシウム吸収率を発表。この数字が現在一般化しています。
 また、近年、スポーツ栄養の視点から東洋大学陸上部の栄養指導をされ、
 箱根駅伝の連覇にも貢献されています。

 近年、「牛乳はからだに悪い」と主張する本がベストセラーになったり、「牛乳を飲むと太る」と思って控える方が増えていたりと、牛乳離れが進んでいるように思えます。でも、牛乳は何百年も前から人類が利用してきた食品であり、今でも世界中で「子どもの成長に欠かせない食べ物」として大切にされています。それは、赤ちゃんを育てるための栄養として、他の食品にはない様々な栄養的利点が隠されているからです。女子栄養大学の上西先生から、牛乳の栄養的特性、利点を様々な角度からお話し頂き、学校給食で牛乳を利用することの価値を、分かりやすく教えていただきます。

(2)「パスチャライズド牛乳って何?」 14:45〜15:30
講師:新生酪農株式会社営業開発課 鈴木猛氏
 茂原市、睦沢町、長柄町の学校給食では新生酪農(株)で製造した「パスチャライズド牛乳」を飲んでもらっています。パスチャライズド牛乳とは世界中で標準とされている殺菌方法で熱処理された牛乳のことです。日本ではなじみの無い名前ですが、私たちがパスチャライズド牛乳を大切にしたい理由を実験や資料をもとにお話します。

(3)牛乳の放射能検査の対応について 15:30〜15:40

(4)質疑応答 15:40〜16:00


2.呼びかけ対象:長生地域の栄養士、教師など学校関係者の皆様


3.集会規模:50名程度


4.参加費:300円(資料代)
 人数に制限があるため、事前に参加申し込みをお願い致します。
 連絡先:新生酪農(株) TEL:0475-44-0099 (営業開発課FAX:0475-44-2352) 

| カテゴリー:イベント情報 | comments (2) | trackback (0) | 新生酪農 |


2011,06,24, Friday 02:09 PM
まだ梅雨は明けていませんが、いよいよ暑い夏がやってきました。
皆さん、体調はいかがでしょうか?

今年は特に気温の高い昼間に節電を強いられるために、
暑さをいかに乗り切るかは切実な問題ですよね。

そんな中、興味深い記事を見つけましたので紹介します。
軽い運動で汗をかいた後、30分以内に牛乳などのたんぱく質と糖質の含まれる栄養を摂取すると、血液量が増え、暑さに強いからだが出来るそうです。

もちろん、1回だけでは効果が無く、2〜3週間は続けないとダメらしいですが。



↑ クリックすると拡大できます。

自分のお奨めは、パス乳にSバニラアイスを入れた「ミルクフロート」です。
さっぱりして冷たくて、何より栄養満点です!
今年の暑さは牛乳とアイスで乗り切りませんか!!

| カテゴリー:お知らせ | comments (0) | trackback (0) | ぱすのすけ |


2011,06,09, Thursday 05:17 PM
6月6日に多摩きた生活クラブで「牛乳スタート集会」が開催されました。
今年は全体の牛乳スタート集会がなくなったため、久しぶりの参加でした。

若手の酪農家を連れてきて欲しいといわれ、バリバリの若手(何たって20代!)を連れて行きました。
伊藤勝次牧場の後継者で裕介君といいます。

飼料メーカーの実験牧場で働いていた奥さんとは共進会で知り合ったという仲ですから、
夫婦一緒に牛の改良や飼養環境の改善に熱心に取り組んでいます。

※「共進会」とは牛の改良を目的に開催される乳牛の美人?コンテストみたいなものです。

参加された組合員に、毎日、牛のことを考えて餌のやり方を試行錯誤したり、
牛の健康や乳質の維持に努力していることを話してくれたのですが、とても説得力がありました。
若い酪農家の情熱を失わせないように自分も頑張らないとなーと思った次第です。

当日の写真を撮り損ねてしまったので、
昨年の消費材Naviの掲載された裕介君の勇姿を紹介します。
裕介君!これからもよろしくね!!



| カテゴリー:お知らせ | comments (0) | trackback (0) | ぱすのすけ |


2011,06,03, Friday 06:03 PM
震災や原発事故の影響で、酪農家の経営は厳しさを増すばかりです。
あまり良い話が聞こえてこない中で、私たちの生産者である酪農クラブ
の後継者が雑誌に紹介されました。

婚約者と一緒に、酪農にかける意気込みが伝わり、頼もしい限りです。

雑誌の名前はデーリィ・ジャパン誌で、発売されたばかりの6月号です。
バリバリの酪農専門誌ですので、一般の方はほとんど目にすることが
ないと思いますので、デーリィ・ジャパン社にお願いして、転載の許可をもらいました。

雰囲気だけでも分かるでしょうか。
※ 画像をクリックすると拡大します。








| カテゴリー:お知らせ | comments (0) | trackback (0) | ぱすのすけ |


2011,05,29, Sunday 05:28 PM
ようやくですが、ホームページをリニューアルする
ことが出来ました。
いかがでしょうか。
まだ、内容は以前とそう変りませんが、これから
タイムリーな情報の提供をしつつ、内容の充実が
図れればと思っています。

震災、原発事故で大変なことになったわけですが、
原発事故については未だ収束の見通しも見えません。
この「原発震災」で予定していたミルク祭りや
牛乳集会が中止になり、ぽっかり空いた時間で
しばらく原発や放射能のことを調べまくっていました。
「原発の安全神話」がいかに作られていったのかを知るにつけ、
無関心は本当に罪なのだと思いっきり反省させられました。

同時に思ったのですが、乳業界もよく似ているなと。
「UHT神話」とでも呼んだらいいのか、殺菌温度をめぐる
状況はまさに産・官・学でグルになって消費者を騙そうと
しているとしか思えません。

そんな、日本の牛乳に果敢に戦いを挑んだ方がいます。
ご存知の方も多いと思いますが、小寺ときさんです。
残念ながら亡くなられましたが、小寺さんが亡くなる直前に
出版されたのが「本物の牛乳は日本人に合う」です。

表紙です

タイトルからして分かるように、いい加減な「牛乳バッシング」で
牛乳が敬遠される状況にいてもたってもいられなかったのでしょう。
牛乳のすばらしさを訴えるため、病床で書き下ろしたといいます。

牛乳を大事に思う方達の必読書と思いますので、まだの方は
是非にとお奨めいたします。
農文協から1400円(税抜き)です。

鈴木猛>新生酪農 改め「ぱすのすけ」
連合会のKさん、この名前使うの許してね!


| カテゴリー:お知らせ | comments (0) | trackback (0) | ぱすのすけ |


トップページへ

カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2017年08月 次月>>
新着記事
コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
プロフィール

QRコード

生活クラブへのリンク



ページの上へ


トップページ会社概要製品紹介パスチャライズド処理工場・直売所ネット牛乳交流会ブログQ&Aお問い合わせ